プログラム

 プログラムは、緑色の二つ折りA4用紙に印刷されていました。チケットが赤で、二つ合わせて ここでもクリスマス・カラーになっていました。そのプログラムから丸写しさせていただきますm(_ _)m

1st STAGE 曲目

歌手・ダンサー

1. Rock'n'rool Medley
      At The Hop (踊りにゆこうよ)
      Rock Around The Clock
      Lipstick On Your Collor (カラーに口紅)
      Where The Boys Are (ボーイ・ハント)
      The Diary (恋の日記)
      One Boy
      You Are My Destiny (君は我が運命)
      One Way Ticket (恋の片道切符)
      Run Away (悲しき街角)
      Little Devil (小さな悪魔)
      Put Your Head On My Shoulder (肩にほほよせて)
      Crazy Love
      Hey Paula
      Like I Do (レモンのキッス)
      Vacation
      Happy Birthday Sweet Sixteen (素敵な16才)

水木誠
WING DING

2. It's Not Unusual

水木誠

3. Let It Be Me

水木誠

4. Thank You For The Music

小林啓子
こおろぎ

5. Vincent

こおろぎ


2nd STAGE 曲目

歌手・ダンサー

1. 明日咲くつぼみに

小林啓子

2. 日本の Hit Song Medley
  涙そうそう
  世界にひとつだけの花
  さくら
  いい日旅立ち
  My Revolution
  翼をください

小林啓子
WING DING

3. Water Is Wide

小林啓子

4. Christmas Song Medley
     O Holy Night
     Rudolph The Red-Nosed Raindeer
     Have Yourself A Merry Little Christmas
     The Christmas Song
     Winter Wonderland
     Happy Christmas (War Is Over)

小林啓子
水木誠
こおろぎ
WING DING
Cattac Kids

構成・ステージング/中川久美
ステージング・振り付け/網代ひろみ、上田明子
音楽・歌唱指導/金子貢
CAST/水木誠、小林啓子、こおろぎ(岸龍也、さとまさのり、津島隆文)
  WING DING (上田明子、仲宗根典子、山口絢、網代ひろみ、内田巨輝、大崎哲史、佐々木岳史)
  Cattac Kids (浅川礼奈、落合梨々香、神田舞帆、笹野瑠菜、矢野杏奈、矢野七海、和田せいら)

 


 

 まず最初に、プログラムを見て思ったこと…。「こおろぎの出番、少ないーっ」(笑)
 出演時間的には、そうでもありませんでしたが、水木さんと小林さんのメドレーで曲数が多くなっていることもあって、「こおろぎにも、単独メドレー・コーナーをちょうだい!」と思いました。…でも、練習時間のことを考えたら、これで良かったのかも…!?

 
ショーの始まり  ~やっぱりハーモニーは こおろぎよね!~

 さて、いよいよお待ちかねのショー・タイムです。
 冒頭、WING DINGの「At the hop」ですが、「あれ、もう始まってるよね?」というのが正直な感想でした。照明が充分あたらないままに歌が始まったように見えたんですもの。でも、そのままの状態で終始ショーは進んでいきました。要するに、きらびやかな舞台にするには照明装置に限界がありすぎる環境だったのですね。
 ところで、WING DINGのメンバーの顔に見覚えが! 復活コンサートのときに、ヤング101Jr.やダンサーズ101だった方々の姿を発見し、なんだか懐かしくさえありましたよ。
 そして、ライトの当たり方が残念だねえ…と言っているうちに、水木誠さん登場。やっぱり、ロックン・ロールといえば水木さんですよね。ご存知の方は水木誠さんのビシッと決まるポーズを何種類か頭の中に思い浮かべることができると思いますが、そのカッコイイ水木さんがステージの上で歌を披露してくれたと想像して下さい。WING DINGの子分を引き連れた兄貴という感じでした。(アニソン・ファンがここを読むと、水木一郎さんと勘違いしそう(^^;))
 このときはWING DINGが後ろに下がってライトにあたり、水木さんだけ真ん前で顔が影…という残念なことに…。動きがハードなだけに、部分によってはライトにあたることもありましたが、クールな流し目もウインクも、私の席からはな~んにも見えませんでした。(そんなことしなかったって?)
 そういえば、照明に加えて、音響にもめぐまれなかったステージでしたよね?(根本的に、あの会場が音楽を聞かせるための造りになってないんでしょうね) WING DINGの皆さんの歌を聴きながら、つくづくコーラスの難しさを感じさせられました。ステージにいらっしゃった方には、伴奏の音や それぞれの声って、どのくらい聞こえていたのでしょうか? お互いの声を確認し辛く、合わせにくかったのかなと思ったのですが…さて???
 ちなみに、メドレーの、どの曲に誰々が参加して、誰のソロで…っていうの、全く覚えてません。そこらへんのレポートは水木さんファンにお任せしておいて…、「Thank you for the music」にいってみよ! <おい

 水木誠さんの紹介で、黒のドレスとブーツに身を包んだ小林啓子さんが登場されました。そして、お互いの年齢を、60だ、70だ…と、冗談言われていたような気がします。気がしますってのも いいかげんなレポートですが…、だって、そろそろ こおろぎ登場かと思うと、気が気でなくって。岸さんが掲示板に緊張していたと書かれてましたが、こおろぎの出番を待っているファンも、心臓バクバクしてました(笑)
 歌は、小林さんのソロで始まりました。舞台の上には小林さんひとり。こおろぎは、歌の中盤から、岸さん、津島さん、さとさんの順で、舞台下手から登場されました。声にならない歓声をあげる14番テーブル! そして、小林さんの歌に こおろぎのバックコーラスが入った瞬間、私の横でOtomiさんと みいさんが溶けてしまったのでした(笑) これ! これですよ!! ソロを邪魔しないどころか、引き立たせるような柔らかい声の層!! バックコーラスというのはこうでなくっちゃ(><) もうそれだけで、ごはん3杯は食べられそうなぐらいの満足感でした。ああ、ウットリ…。
 すると、横から草吉くんが一言…。「さっき、津島さん、コーラスの入りを忘れてましたよね?」 津島さ~ん、出だしの準備が、さとさん、岸さんよりビミョーに遅かったの、見つかっちゃいましたよ~(笑)
 私はといえば、さとさんの姿が、競技場を行進しているオリンピック実行委員に見えてしかたありませんでした(おい) 岸さんの胸ポケットに挿してあった小さなバラ(?)は、紳士っぽさUPでステキでしたね。
 歌声にとろけつつも、細かいところに変なツッコミを入れる こおろぎ女2匹だったのでした。

 今回、ショーが始まる前に、かむいさんが、舞台の撮影をして良いかどうか訊きにいってくれました。すると、中川久美先生が直々にOKしてくれたそうです。ありがとうございました!
 そんなわけで、カメラを持ってきていたファンたちは、まるで我が子の学芸会を撮影する父兄のようにステージ近くまで出ていって、写すわ、写すわ…。(Kanameは自分の席に根を下ろしてましたが。<動きの少ないのが特徴) だけど…、草吉くん、みいさん、私の持って行ったカメラはデジカメだったので、薄暗いところで動くモデルを写すのに適してなくて、ことごとくピンボケだったのでした(苦笑) かむいさんはポケット・カメラでしたよね。それが正解だったと思います。次回からは、舞台撮影OKなときは普通のカメラで…これが合言葉です(笑)
 Kanameは、小さくて軽いという理由でデジカメを持っていったんですが、失敗でした。そんなわけで、衣装レポートは、今回もまた私のラクガキでどうぞ。小林啓子さんのソロを見守る こおろぎの図です。(まるで別人のようですが、これで勘弁して下さい)

 ふと思ったこと。この1年で、さとさん、痩せました? というか、引き締まったような気が…。だけどその分、Kanameに肉がつきました。

(2004.12.19)

 

BACK         NEXT

 

ページのトップへ戻る