学校ごっこ  2005年2月27日

「永六輔の学校ごっこ Part6」 with ミニコンサート ステージ101サロン

出演:永六輔、ヤング101、ヤング101Jr.
日時:2005年2月27日(日) 14:30~
会場:キャタック・ダンス・プラザ
入場料:3,000円
主催:シアター・キャタック

・ 明日咲くつぼみに (小林啓子)
・ どうして (小林啓子、永六輔)
・ 比叡おろし (小林啓子)
・ VINCENT (岸龍也、内田巨輝)
・ タイトル忘れました。「DO DO DO」…でしたっけ? (ヤング101Jr.)
・ 翼をください (ヤング101Jr.、岸龍也)
・ アメイジング・グレース (小林啓子)


 今回は、永さんのトークが中心のステージでした。
 その永さんが開演前からステージにあがられて、お話されてたんですって? Kanameが会場に着いた時には、すでに入り口のカーテンが閉じられ、観客の皆さんは永さんの巧みな話術に引き込まれてしまった後でした。完璧、遅刻してしまいました(大汗)
 戸を開けると、普段はそこでレッスンをしているであろう板張りの稽古場に、永さんを囲むように50人弱のお客さんがビッシリと詰まっていました。
 その状況に焦ったせいで、入り口で靴を脱ぐところを、私は土足のまま受付の前に立ってしまいました。ごめんなさい。そして、着席するまでの間にゴソゴソと音を立て、お話の邪魔にもなったと思います。みなさん、本当にスミマセンでした。そんな遅刻の生徒にもキャンディーを差し出してくれた久美先生、ありがとうございました。

 コンサートは、永さんのお喋りの合間に、歌を織り交ぜながら進んでいきました。永さんのトークのテンポが素晴らしかったです。人の話を聞きながら涙を流して笑ったのって、久しぶりでしたよ。トークショーのネタをばらすのは良くないことなので詳しくは触れませんが…、ここだけの話アリ、朗読アリ、昔話アリ、盛りだくさんの内容で大満足でした。
 行く前は、「学校ごっこ」だから先生に問題を出されて答えられなかったらどうしよう、遅刻したら立たされるだろうか…な~んて、変な想像をして緊張していましたが(笑)、こんな学校だったら毎日休まずに通いたいと思えるような、楽しくて勉強になる時間を過ごせました。
 小林啓子さんは、永さんの紹介で登場されてからはずっと、(岸さん、101Jr.の歌のとき以外は)永さんの隣にギターを抱えて座られて、歌を歌ったり、お話に相槌をうたれたり、語りのバックでギターを爪弾かれたりされてました。
 小林さんの歌声には、透きとおるような、高く真直ぐ伸びていく印象を持っていたのですが、話すときは落ち着いた雰囲気の漂う方だと思いました。ちょっと独特な発音をされますよね?<同意を求めてみる

(2005.3.1)

岸さんが歌う

 岸さんは、永さんに恨みがあるという穏やかじゃないネタ(?)で登場されました。
 「ステージ101」放送当時、ヤング101のみなさんは永六輔さんからいろんなことを教わっていたそうです。その中のひとつが「日本で車が左側通行になった由来」でした。「武士は刀を差しているから左側を歩いていた、そこに起因する」…という永さんの話に納得した岸さんは それを友達に吹聴してまわったのだそうです。が、岸さんは後になって、英国方式が取り入れられたという由来を知ることとなるのです。そういうわけで、この機会に、「自分が友達からどう思われたかと考えると恥ずかしい、嘘を教えた永さんが恨めしい…」と、敵討ちに現れたという形でした。
 ところが、永さんいわく、その英国方式を採用した背景には日本古来からの左尊重があるからだ、と。(右より左の方が、位が上ですよねえ)
 哀れ、岸さんは、バッサリ返り討ちにされてしまったのでした。それでも往生際悪く、その話は吹聴してまわっても大丈夫なのかと、疑わしそうな目つきで確認をとる岸さんが素敵でした(笑) すぐに、とどめを刺されてましたけど…(^^;)
 「飛行機の乗降口が、左右両方に付いているにも関わらず左だけしか使われない」とか、「船の乗降口も船首に向かって左側にある」という駄目押し付きでした。…………あれ? でもそれは、日本だけじゃなくて海外もそうなのだから、日本古来の左尊重が云々の話題とは関係なかったんでしたっけ??? <先生、Kanameさんが落ちこぼれてまーす
 いやはや とにかく、永さんにイチャモンつけると、誰でも返り討ちに合いそうだと思ってしまいました(笑) 互角に戦えるのは黒柳徹子さんぐらい?<こら
 でもまあ、永さんをやり込めてしまう岸さんなんて想像もできないし、むしろ、岸さんは返り討ちにあっている方が似合うので、これで良かったのだと思いました(おいおい) いや~、真面目な話、そういうイメージを抱かせる岸さんのキャラって素敵です。(こんな方が、本当は一番強くて優しいんじゃないかなあと思ったりもするのですが…、それって私の幻想!?) さらには、飛行機の右側の乗降口は食料を積み込むのに使われているとご存知なところが、岸さんならではのような気がして良かったです(*^^*)
 ちなみに…どうでもよいことですが、Kanameは乗降口の話を聞きながら、自分が四国に渡るときに利用しているフェリーには、右にしか乗降口が付いてないなあ…と思ってました(^^;)

(2005.3.1)


 さて…、お話が一件落着して(?)、岸さんが歌うことになりました。歌は、12月のパーティーと同じ「VINCENT」です。今回は岸さんソロに、ヤング101Jr.の内田巨輝さんがコーラスをつけてらっしゃいました。息が合っていて、新鮮なデュエットでした。
 冒頭、永さんからは、この歌がゴッホのことを歌ったという簡単な説明がありました。私は前回のパーティーで聴かせてもらった後、歌の歌詞と日本語訳を復習していたので、今回は以前にも増して歌の中の世界に浸ることができました。ヒアリングの苦手な私としては、英語の歌を聴くときは、こういうちょっとした予習・復習をしておく方が、よりいっそう歌を楽しめるみたいです。
 今回、岸さんの歌は、この1曲だけだと思っていたのですが、その後、ジュニアと共に「翼をください」も歌われました。この歌では3人の女性コーラスも加わって華やかさが増し、声の層も最後にいくほど まとまっていったような気がします。
 それにしても、つくづく岸さんの歌声は存在感があるなあと思わされました。「翼をください」の2番冒頭など、男性2人で歌われていたようなのに、私の耳には岸さんの声しか聞こえませんでしたよ(^^;) それはKanameが こおろぎフィルターのかかった耳で聴いていたから? でも岸さんは、あの こおろぎ'73の中にいても目立つ歌声だったのですもの、その岸さんとデュエットをした内田さんの声が控えめに聞こえてしまったのにも頷けますよね!?

 正直、今回のコンサートはメインの永六輔さんよりも岸さんの歌声がめあてでした。(もちろん、永さんのお話が面白いことは知っていたので、それも楽しみにしてましたけどね) そして、岸さんが歌われたのは2曲だけではあったけれど、聴きに行って正解だったと思いました。
 トークの最中はニコニコされていた岸さんの顔が、前奏が始まるとピリッとされたところや、会場にいる人たち全員の顔を見ていくかのように、客席がある全ての方向に向いて歌われていたところなど、優しい歌声からだけでなく、しぐさからも岸さんの雰囲気を感じ取ることができて、それがライブならではだと思いました。過去に録音されたレコードやCDも私にとってはお宝ですけど、それにも増して、こうして生で歌われる場に居合わせることができ、五感全てで音楽を楽しませていただけるというのは、とてもありがたいことだと思います。これからも機会がある限り、10枚のCDよりも1度のライブを選びたいと思ってしまいます。(本当は「どっちも!」というのが正直なところですが)
 岸さんの歌声に感謝!!

(2005.3.3)

 

蛇足

 岸さんは、この日、シャツの濃緑色に合わせて、”カッコイイ”ジャケットを用意されていたのだそうです。が、着るのを忘れ、家に置いたまま出発してしまったんですって。首まで隠れる上着を着ていたので、ジャケットを着ていないことに、本人はおろか家族の誰も気付かなかったのだそうです。
 だけど、そのおかげで、シャツの上にダークグレイのニットを重ね着した、オシャレな(<ここ大事)休日のお父さん風 岸さんを拝見することができました(*^^*)

(2005.3.3)

 とても遅くなりましたが、イメージ画追加です。靴がどんなだったかは忘れました。私の席からは、足の先までは よく見えなかったのです。 なんとなく、黒っぽかったような気はしますが…。
 ところで、この絵の表情は歌われているときの顔というよりも、MCのときの雰囲気に近いと思います。矢継ぎ早に喋りまくる攻撃型の永さんとは対照的に、返り討ちに合おうともニコニコとご自分のペースを崩されず、ホンワカした空気に包まれている岸さんは、とても余裕ありげに見えました。

(2005.4.17)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページのトップへ戻る