印象に残ってることを徒然に…1

 ザワザワしているうちに、今人メンバーが全員登場し、おもむろに挨拶MCが始まりました。会場内は飲食のみ禁止。撮影OK、途中の出入りOKという、なんともオープンな設定になっていました。

 そして、曲紹介無しで いきなり始まる演奏。多目的ホールの中が、7人分の音でいっぱいになりました。なんか聞いたことある…けど、これ、何の歌だったっけ???と記憶をまさぐる私。続けて「君といつまでも」になだれこんだので、”1曲目も加山雄三さんの歌だ”と気付けました。<プログラム内容にギリギリ付いていけている感じ

 最初に書いておきますが、予想以上に演奏の音量が大きかったです。バンド全員が鳴らしているときは、歌声が ところどころ聞こえにくくなるほど爆発してました。
 今回はホールが体育館風の造りだったせいで響きすぎたのかもしれません(?) なので、歌詞とか音程とかハーモニーに関する細かいツッコミができなくて、少々残念でした(笑)<しなくてヨロシイ
 でも、久々に(「学校ごっこ」の時以来、7年半ぶりに!)お会いできるだけでも充分と思って行ったので問題無し。目の前に岸さんがいて歌ってくれてるだけで、幸せがいっぱい貰えました。

 さて、掲示板にも書いたけれど、もう一回、ここにも書いておきます。
 岸さんが「君といつまでも」で照れながら(?)あの有名なセリフを仰っているのを聴いて、私まで照れるし緊張するしで、頭真っ白…いや、どピンク色になりました。
 「幸せだなぁ~」(ぎゃー、私も幸せですぅ~!!!) 「……いいだろ?」(こちらこそ、お願いしますー!!!!) <殴

 2曲終わったところで、岸さんのMC。思った以上にお客さんが来てくれていて「蚤の心臓」の自分は緊張する…みたいなお話をされたような…。
 ここに至っても曲名紹介はなく、ただ「加山雄三の2曲」としか言われなかったと思います。なので、プログラムは自力でなんとかしなくては…と覚悟しました(笑)

 「また君に恋してる」は、キーボード(ピアノ音)メインの伴奏で、しっとりと聞かせていただきました。

 ここでボーカルは”選手交代”。メンバー唯一の40代であるドラムの方が 「22歳の別れ」を歌われました。この歌のイメージには、岸さんと比べると憂い要素の多い(ような気がする)ドラマーさんの歌声が似合っている気がしました。
 岸さんはドラムを叩いてました。ドラマー岸さん! なんてレアな光景なんでしょう。でも、私の位置からだとドラマーさんとドラムの陰になってしまっていたので、写真撮影は断念。よく目に焼き付けておきました。

 「翼をください」では、再び岸さんがボーカルに。キーボード奏者の女性とのデュエットでしたっけ? コーラス有り、ハモり有りの豪華な感じにつられて、客席も一緒に歌ってました。

 この後、メンバー紹介がありました。このとき、一通り名前をうかがったんですけど…全員の名前をきちんと覚えてきた自信が無いので、間違えると失礼だということもあって、名前は出さない方向でレポートを書くことにしました。すみません。
 今人というバンドのこと、結局、詳しいことは何も聞かないまま帰ってきちゃったので、失敗だったな~と思ってます。今度また公開ライブがあるときは、是非、メンバー紹介の載ったリーフレットか何か、作ってほしいなあ…。

(2012.8.13)

こおろぎ'73登場

 岸さんの紹介のときに、こおろぎ'73のメンバーだったという話が出たのに繋げて、こおろぎ'73の登場となりました。
 岸さんが紹介を始めると、こおろぎ女のテンションもUP。私の横では みいさんが、声にならない歓声をあげてました。
 「全員じゃありませんが、声を掛けたら2人のメンバーが快く来てくれました」(キャ~~~)
 「ノーギャラで」(あははは)
 ごろん! (ごろん?)
 見たら、左前列に座っていたはずの さとさんが、ステージ前の床に転がってました。(ぎゃー)
 ノーギャラに対する体を張ったツッコミ! 拍手と笑いの中、場の空気が 岸さん風から さとさん風に変わりました。
 津島さんも、左後部座席から颯爽と登場! そこで初めて、開演直前に すぐ横の階段を後ろへとあがっていった、どことなく津島さんオーラを発していた渋いオジサマが、本当に津島さんだったことが分かりました(え) いやー、だって、津島さんにお会いしたのって、2004年のディナーショーの時以来だったんですもの。しかも、その時と比べて、随分変わられていたから、瞬間にご本人かどうか判断できなかったんです。
 逆の意味で、さとさんも変わられてましたが、さとさんの場合、2009年のTV『BS永遠の音楽 アニメ主題歌大全集』出演があったし、ネット上で最近の写真をチラホラ見ることができていたので、あまり変化は感じられませんでした。

 今人で、たまたまアニメソングを歌うことになったとき、楽譜の一番下に「ささきいさお、こおろぎ'73」という表記があって、それがキッカケで参加を請うことになったというエピソード付きで、「ゆけゆけ飛雄馬」に入りました。
 ここから、司会は さとさんにバトンタッチ。ほのぼの感漂う岸さんのMCは”語る”という感じでしたが、とうとうと流れるような さとさんのMCは”喋りまくる”という感じでした。
 「ゆけゆけ飛雄馬」と「宇宙戦艦ヤマト」をシングアウトするという さとさん。
 「会場の皆さんにも歌っていただくつもりですので、心の準備をしていただきたいと思います。ちょっと深呼吸を…。吸って~、吐いて~、吸って~、また吸って、吸って! 吸って~!!」(あははは)「…なんて、昔よくやっていましたが(笑)」

 「ゆけゆけ飛雄馬」の前奏が始まると、マイクを持ったままステージを降りてくる さとさん。目線は床を見ているけれど、確実に、こっちに向かって近付いてきました。そして、歌が始まると同時に、客席にマイクを向けたのでした。最初の餌食(?)は、みいさんのカラオケ友達。よかった、きっと、歌うの得意だわ。…と思ったのもつかの間、どんどん横にスライドして、こっちに近づいてくるじゃあ ありませんか(汗) しかも、みいさんが他の人より長く歌わされて、そこで1番が終わってしまうし。
 え? 次、自分が2番? 歌い出し、なんだっけ? 心の準備の前に歌詞カードの準備をお願いしますーっ(ジタバタ)
 混乱しているうちに、無情にも間奏終了。2番に突入。 目の前で歌われている さとさんが、大きな口を開けて歌ってくれていたので、なんとか歌い出しが分かり、それなりに取り繕うことができた…かも? きっと、演奏の音にかき消されて、自分の声は誰にも聞こえなかったに違いありません。出来の悪さは、そう思うことで忘れよう、そうしよう。
 当然、自分の後を歌った草吉くん、金太郎さん、Otomiさん達が、どう乗り越えたのか、ステージの岸さんや津島さん達の歌声がどうだったのか、な~んにも覚えてません。記憶にあるのは、さとさんの見開いた目と大きな口だけ。

 ここで燃え尽きた感があったのですが、続く想定外の選曲「宇宙戦艦ヤマト」でも、再び、私たちの列が狙われたのでした(ひ~)
 あ、でも、焦っていた私と違って、さすが、みいさんのお友達たちは、コーラスまで入れちゃうほど余裕がありました。さとさんが、思わずマイクを向けてました!
 ヤマトでも自分にマイクが回ってきたのは確かだけれど、どの部分を歌ったか覚えてないです。こっちは、2番も覚えている歌だったけれど、キーが合わないという点で歌いづらかったような気がする…。<動揺のあまり、記憶が飛んでる

(2012.8.13)

 「帰れない二人」のときは、さとさんがジァンジァンで司会をしていた頃の話がチラと出ていました。RCサクセション、五輪真弓さん、井上陽水さんといった顔ぶれが皆、ノーギャラで出演していたって。
 この後、今人メンバーは一旦退場し、キーボードの方のみ残って伴奏。こおろぎ'73の3人で真面目に 「You've got a friend」を英語で歌われました。それからキーボードも退場され、とうとう、舞台の上には、こおろぎ'73だけになりました。

 こおろぎ'73というグループの成り立ちを語り始める さとさん。最初にメンバーの名前を紹介するところを、「岸……え~………なんだっけ名前?」 軽いジャブをかます さとさんに岸さん大爆笑。何を言い淀んでいるのだろう?と会場全員が不思議に思い始めた頃を見計らってボケるという絶妙のタイミングにプロの技を見ました。お約束で、津島さんや牧さんの名前も出てこないというコントのような展開が続きました。
 当時のアー坊は人気があって…という話題のときに、初めて津島さんが喋ったような気がします。当時から比べると約20kgほど体重が増えたという話題。

 こおろぎ'73メンバーには掲載許可をいただいたので、3人だけのシーンではありますが、写真を貼りつけときます。安物デジカメで動き回る皆さんを写したせいか、皆の顔がぶれていない写真というのは数枚しか撮れていませんでした(苦笑)

二次的使用は禁止 (C)Kaname

 そうそう…、この写真を見て思い出したけれど、こおろぎ'73コーナーのとき、岸さんは最初に持っていたギターとは別のギターに持ち替えられてましたね。パンポロリンの芋虫キャラクター”パンポロくん”や、静岡放送の「SBS」というロゴが付いたギターでした。
 この構図で、譜面台が無ければ もっと良かったんだけれど…、60歳を超えて記憶力が怪しくなってきたので譜面と首っぴきにならなくてはいけないのだそうです。そう言って、岸さんがMCの途中でネタにしてました(笑)

(2012.8.14)

 

 

 

BACK      NEXT

ページのトップへ戻る